お腐れ様二次創作アナログイラストブログ

雑多な日記+所感+漫画イラスト。BL・腐・同性愛表現多数につき閲覧注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼のからだ。



今夜は少々けしからぬ事を本気モードで考察してみようかと思っております。
スポンサーサイト

続きを読む »

身長など。



続きを読む »

姉Returns

ブレイクタイム


2年近くカラオケ行ってないなぁ…。音痴だからいいんだけどさ。

続きを読む »

ビートルマニア

ビートルズを全く知らない、興味ない方にはどうでもいい記事です…。

続きを読む »

すきなひとやものがおおすぎて

attraction

見放されてしまいそうだー♪

18日、デスノートオンリーイベント関係諸氏、お疲れさまでした&お世話になりました&ご迷惑をお掛けしました!
アットホームな雰囲気でめちゃくちゃ楽しかったです。
しかし、帰って冷静になってみると、お隣のサークル様は素晴らしいノーマルサークル様でいらっしゃったのに、大声で猥褻トークをぶちかましていたことをはたと思い出し、青筋が降りて参りました。迷惑千万だったに違いありません。本当に申し訳ありませんでした…!!(スペースを広くして頂けるようスタッフさんに頼んで下さったり、本当に大人なお二人)そして描いて(押して)頂いたスケブ、購入させて頂いた品々はトレジャーでございますvvv
葵さん、改めて本当にお世話になりました!!独りじゃないっていい事だなぁ…しみじみ。チョコキーホルダー、どこに付けたら一番目立つか目下思案中です。そうそう、藤真×花形についても熱く語ろうじゃありませんか!
しゅうすけさん&カイトさん、いつもお世話になってますvお忙しいのにチルドレンと共にうちへ来て下さって、一緒にいて下さって、もういろいろマジでありがとうございました!(滂沱)いつも最強のお二人だな…ふふっ。心強かったのなんの。
Mさん、Uさん、長旅いつもお疲れさまです!そして早く私の方からご挨拶に出向くべきところ、勿体なくもスペースへいらしていただき、あまつさえ待ちに待っていた新刊と貴重なおやつまで頂いてしまって…私はガキか…。改めてメールを送らせて頂きたいと思います。もーいつも期待を遙かに上回るご本をお作りになるお二人なので、感想が山のようにあるのです!!(それがいつもご迷惑お掛けしてるっての)
そして憧れのR(Lだったりして)様vvいつもお声を掛けて下さって本当にありがとうございますッッ!まるで尋問のような事をしてご正体を明かさせて申し訳ありませんでした。でもその甲斐がありましたよ~vR様と分かってるのと分からないのとではお話させて頂く内容が全然違いますもの。また毎日サイトストーカーさせて頂きますねー!(怖いよ!当たり前のように言うな…)
スペースいらしてくださった方々、お話してくださった方々、本当にありがとうございました!身に余るこの幸せが恐ろしい程です。

私も例の「修羅場に入るため、しばらく潜ります。」というセリフをそろそろ出さなくてはなりませんね…。「何が何だか分からないけど取り敢えずやってみる」というコンセプトでブログを始めてみると、初心者の例に漏れず、楽しくてサルのようにかまけていた感がありました。いつも「描くのが遅い遅い」言っておりますが、平均して「3ヶ月で20ページ」という絶望的な試算が出ましたものですから。
覗きに来て下さる方々、本当にありがとうございます。拍手も「ミラクル!」という思いで頂いております。ありがたいなぁ…。

匂いを嗅ごう

メロ待ち中

ベッドタイム・ダイアログ。

続きを読む »

完成度の高い絵

機嫌のいいときを見計らって姉に描いてもらいました。
機嫌が良過ぎるときだったらしく、頼んでもいないのに右隣にメロまで描いてくれました。


最近買った服のうち、7割くらいはボーダー柄です。
マットの服のデザインと同じに越したことはないんですが、どんなに真剣に探しても「同じ」というものは有り得ないようで、疲れたので「取り敢えずボーダーならなんでもいい」という自分ルールに切り替えました。今まで難攻不落の城塞だったところが突然動く歩道になったがごとく、みるみるうちに部屋中ボーダーだらけ。
今日もそのうちの一つに袖を通し悦に入っていましたら、姉が一言。
「ボーダーを着たからってマットになれるとでも思っているの?」
「………………………う。そ、そんな事、あるわけ……で、でも好きならちょっとでも近いものを身につけたいと思うのが人情………」
「好きならむしろ『自分のような下賤の者が憧れの君と似た物を身につけるなど僭越至極』と思うべきじゃないの?特にあんたは自分の容姿をよく省みる必要があるわ。」
「……………う………………」
「そういえば、あんたは横断歩道を歩くだけで興奮するとか吐き気がするような事言ってたわね。思い上がりの最たるものね。好きなら敬って避けろというのよ。」
「……………う………………」
「好きになるのは勝手と人は言うかも知れない。でも好かれる側にだって感情はあるのよ。同じ好かれるならより美しく、より優れたものに好かれたいと誰しも思うはずだわ。」
「………………………………」
途中から何の話だか分からなくなり、取り敢えず打ちのめされた心だけが残りました。

実録男前豆腐店



うまい。

うまいんじゃよここの豆腐は!
特にこの「男の3連チャン」がサイズ的にもお手軽で、最近冷蔵庫に欠かしません。(買ってきてくれるのは母ですけど)
上から「リュウイチ」「テツオ」「マサヒロ」と名前が付いていますが、私は上から「メロ」「マット」「ニア」と呼んでいます。
「お母ちゃん、今日はニアの気分やねん。取ってんけ」
「知らんわ。自分で取りや」

どいつもこいつも不健康そうで、男前という言葉がこれほどそぐわない三人もいませんけどね。

免疫力低下

面倒な子

記事の本筋とは関係ないんですが、ニアのことを殊更愛しいと思うときランキング。
1位 マットのボーダーを描いてるとき
2位 マットのジーンズにトーンを貼ってるとき
3位 マットの髪にトーンを貼ってるとき

無害そうなツラして手がかかるったら…!!!ぜえぜえ。
好きなら苦にならないなんて欺瞞よ!自分をごまかしてるのよ!ニアの清廉潔白ぶりをちったぁ見習ったらどうなのさー!!

…でも好き。

お知らせその2

寝起き


18日のオンリーイベント合わせの本、とてもじゃないけど間に合わないということが、今頃になって自分の中で明確となりました。ううう…。これから冬コミ合わせの原稿に切り替える所存です。一度この辺で、ほのぼの&くだらないギャグを一発かまして一息入れようかと思っていたのですが、ノンストップで引き続きマット陵辱本になりそうです。

以下、ありがたい拍手を下さった方々へのお返事です。(どきどき)

続きを読む »

ラ・プ○ィート・パ○ュームリー



ひっさしぶりに香水を買いました。
デパートなどではなく、近所のスーパーで。(特売のチラシが入っていたのよ)
最初に買った香水はランコムの「トレゾァ」でした。やたら流行っていたものです。最初と言っても高校生になってやっとでしたけど。三つ編みおさげに制服という出で立ちで、新宿の伊勢丹にてドキドキしながら買ったのを思い出します。嬉しかったなあ。お年玉でですよw
匂いのするものっていいです。よく満員電車で厚化粧の臭いは勘弁してくれといいますが、「だったら私が代わってあげるーー♪」と言いたいくらい香水とか化粧品の匂いが好きで仕方ないのです。デパートの一階なんてマジでパラダイス!(買わないんですけど)
デパートやディスカウントショップ系で売ってる香水で、ずっとナンバーワンに好きなのが「ブルガリプールファム」。めちゃくちゃ飽きっぽい私が絶対飽きない自信がある唯一の香水です。
あと、「レイジー・スーザン」で扱ってる香水も、まず外れはありません。「アントニアズ・フラワーズ」は、香水嫌いの母が唯一気に入っている香りです。

この間パリで「アニック・グタール」のお店に初めて入ったときはとても感動致しました。「美しい」「可愛い」という言葉はこのお店の為に存在しているといっても過言ではない…!店番のお兄さん(というかおじさん)は店の雰囲気に不似合いにも程がある、シャツにチノパンというごくカジュアルな格好でしたが、接客力半端なかったです。ずっとにこにこにこ。あれ見習いたい。

ああ、香りものについて話し出したらキリがなくなる…!!アロマテラピーにまで及ぶと、もう宇宙のような広がりですからね!

二次元の彼らはどんな匂いなのか、というのを想像する訳です。
一番「いい香り」というものと結びつくのがメロですよね。どんな香りが似合うかしら…!
レザーの匂いと混じり合って大人の男を演出する、濃厚でセクシーなムスク系でもいいし、むずがる子供が一瞬にして笑顔になり、わらわら寄ってくるようなスウィートショコラな香りでもよい。爽やかな柑橘系も意外と似合うかも知れない。シャワー後に優雅な仕草で首筋に香水を付けるメロを想像すると鼻血が出そう……!!
マットは言うまでもなくヤニの匂いしかしません。
しかし朝になるとしばらくメロとおんなじ匂いがします。
ニアはですねー、とにかく赤ちゃんを連想させる匂いがいいです。ミルクの香り、ベビーオイルの香り、ダウニーの香り。あと、アーモンドの匂いっていうんですか?あの杏仁豆腐みたいな香りも似合うかなあ。
でもやっぱり一番は石けんの匂いかな。洗剤とかじゃなくて、無香料のほんとの「石けん」の匂いがいい。お日様の香りと混じって、清潔であったかい感じがして欲しいです。
メロがきつい香水の匂いをさせていると、「臭い。寄らないで下さい」とはっきり言ってしまいそう。
私がいつも家族に言われてる事だ。

おしらせ

デコ

今月18日のデスノオンリーイベント。
当日、当スペースにて「テルミヌス」の葵さまのご本を委託させて頂く事になりまして!!うっひょおお♪
彩りと申しますか、「華」が添えられるとはまさにこの事。

ずっと書くのを忘れてましたが、当サークル名は「ウィルヘルミナ」と申します。
確か前にも書きましたが当スペース№は、「チョコ06」だそうです。
パンフレットのカットが描いてあるページは「チョコ01」になってるんですが、多分「06」が正しいのでしょう。もう何がなんだか分かりません。

紙の裏の文字が写ってる…
皆様思ってらっしゃる事でしょうが、メロの傷って見えてる範囲以外だとどこまであるんでしょうかねぇ。私は特にデコがどうなってるのか知りたいのです。
傷メロって最高にカコイイですね…今更何言ってんだ、って感じですけど。折に触れていつも思ってる事です。
自分がこの世で最も美しいと考えているものを絵にしようとするなんて、どんなに上手かろうが下手だろうが、まるでキリスト教徒が神を描こうとするのと同じくらい畏れ多い事のような気がします。

うけかせめか

No baby please don’t go

メロがワイミーズハウスを出るとき、マットには何も告げず黙って出ていったというのが大元の設定になっている方々も多いと思います。

切なくてドラマ性があり、また何故黙って出ていったのかその理由も様々に想像できて、そこをメインテーマとした二人の別れから再会に至る素敵なお話も数多く作られてきました。私もどれだけキュンキュンさせていただいたか分かりません。
しかし、歳と共に涙腺が緩くなるというのは本当で、あまりにも切ないお話を読んでしまうと、仕事中だろうが食事中だろうがトイレ中だろうが気が付くとそのことばかり頭を過ぎってしまって「ああ、いいお話だった」だけでは済まされない、切なさでなんともやり切れない気持ちになってしまうということもございます。

そのやり切れなさを回避するために私の基本設定では、
「メロは5年間、ふつーにマットと連絡を取り合っていた」
ということになっています。そしてお互いの仕事の都合で近くに来たときは
「おう、メシでも食おうぜ」
くらいのことはあったと。
普段は、やりすぎなくらい可哀想なマットを描いたり想像するのが好きなのに、こういう種類の「可哀想」は辛いんですよね。


話が違う方向に飛びますが。
私は了見が狭い人間で、「純粋にそのキャラが好きだから、そのキャラがカッコイイ(可愛い)ならリバでも健全でも構わないわ」ということがあまりありません。「攻受」というものに敏感になりすぎているようです。もう生理的なものなのでしょうがないんですよ。
とにかく「こいつらはカップリングになる」と見るや、まず攻受分担がバキッと音がするくらいはっきり確立し、それぞれの立場、お互いをどう思っているかなどが少しずつ固まっていきます。
その好みの中でも1番好きなパターンが、
「攻はとにかく格好良く、完璧、色っぽい。ど助平。暴君。むしろ女王様。しかし受以外には猫を被る。でも実は傷つきやすくて壊れやすい。嫉妬深い。受に対して好き放題だが、他人が好き放題すると気も狂わんばかりに怒る」
「受はとにかくヘタレ、アホ。お笑い担当。攻に付き合ってMを演じているが基本ノーマルでオンナスキー。健気で一途で他人の事ばかり考えているお人好し。意外と攻より肝が据わっていて、緊迫した場面になるほど落ち着いていたりする」
…どうです、メロマトでしょう。
上記の条件ならば、受の容姿は問いません。二目と見られぬ不細工でも、体重が150㎏でも。
そして、攻キャラが周囲から蝶よ花よと愛でられ崇め奉られている陰で、普通の人には見向きもされないんだけど「分かる人には分かる」的魅力でカルト的人気を誇る受キャラだったりします。
「受攻って何だろう」ということを考えると、それに至る過程はどうあれ「どっちが入れるか」なんですよね、結局。身も蓋もない事ですが。
つまり、今流行の「ヘタレ×強気」に見せかけておいて、最終的にベッドで「強気」が挿れる側になれば、それでいいということです。いや、むしろそれに至るまでのエピソードが「ヘタレ×強気」色が濃い程、そのギャップを愉しめて良いのです。
「月L」もこれに似たようなものですね。Lは決してヘタレではありませんが、ギャップという意味で。
そして自分の本でやっている事ですが、私は受キャラをこれでもか、というくらい虐げるのが大好きです。それは実際話の中で肉体的、精神的に虐げるということもありますが、読んで下さってる方に「これ描いてる人、ほんとにこのキャラが好きなの??」と思って頂けるようなことをするのが好きなんです。(例えば、前にメロニアの本でニアを激デブに描いたことがありました。そういう扱いにするということです)その為なら受キャラ死ネタにすることも厭いません。
普通は、「受キャラ=作者の愛を一身に受けているのが話の中でよくわかるキャラ」なんでしょうけれど、自分で描く分にはそれはまず有り得ないと思います。人様のお話なら楽しめるのに、自分で描くのはこっぱずかしいというか、分かりやすすぎてどうも…。
「総受」というジャンルはまだ未知の世界。誰もがそのキャラを虐げようと虎視眈々と狙ってる…とかなら好きかも…。

キャー!みんなしてマットをボロボロにして!あの子耐えられるから!

Waiting for you

おいてけぼりかも

ハムテルを待つチョビのようなマット。



メロの(役に立ってるのかどうかよく分からない)右腕として描かれる事の多いマットですが、実際はメロがなんかしてる間ひたすら待機してる事も多いのではないかと思って。

「今度の尾行ではゲームなどしてる余裕はないぞ。そんなもの置いていけ」
「わかった」

しかし臨機応変・朝令暮改のメロのこと、しょっちゅうこんな事が起こります。
「チャンスだ。俺はもう少し踏み込んだ調査をしてくるから、お前はここで待ってろ。動くんじゃないぞ」
「…わかった」

で、約束の時間に割と律儀に戻ってくるメロも萌えですが、ここではいつまで経っても戻らないいけずな彼でいきましょう。

「…ゲーム…こっそり持ってくれば良かったな…」
立ったりしゃがんだり、楽な姿勢を模索する。足下の吸い殻が段々なだらかな山になっていく。町内パトロールのおじいさんに見咎められて慌てて吸い殻を拾い上げるが捨てる場所など無く、仕方なくベストのポケットに納める。散歩中の犬に吠えられる。見知らぬ女の子に飴をもらう。おまわりさんに交番へ連れて行かれ職質を受ける。ポケットの吸い殻が見つかり、近頃近所を恐怖に陥れている連続放火魔の容疑がかかる。
…そこへやっと王子登場。マットには分からない流暢な日本語で弁解し、なんとか無罪放免。交番を出て、角を曲がると同時に思いっきり後頭部をはたかれる。
「何やってんだこの役立たず!!猫の手みたいな貴様にも動いてもらわないとならない状況だったってのに……!!ただ待ってる事も出来ないのか、クソマットが!!帰ったら寝る暇も無いくらいの仕事が待ってると思えよ?」
「………わかった………」

確かに寝る暇は無かったようです。仕事とやらはそこそこに早々にベッドへ連れ込まれ、濃密な時間は翌日の夕方まで続くのでした。
実は、これはメロの仕事がうまくいった日のパターン。

マットを抱き枕代わりに眠るメロ。いつものことですが、いつもよりもぎゅっと抱きついてきます。メロの髪を梳きながら、ぼそっと呟くマット。

「…ごめんな、メロ。急にいなくなっちまって。」

DIE ANOTHER DAY




ブログの内容をとにかく増やさないとサーチエンジンにも登録できないわーと焦ってやっていたら、「デスノサーチ」様は新規登録休止中だそうで。ほっとしたようながっかりなような。デスノと無関係な記事が多いから、サーチに登録するのはどうかなあとも思ってるのですが…。

続きを読む »

公式ストラップとか色々買ったな

背番号11

ダルビッシュファンだったこの頃

ぼうし


Top

HOME

ダリア

Author:ダリア
この歳まで腐女子やってるとは夢にも思わなかった。

何よりもミッフィーが大好きです。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。