お腐れ様二次創作アナログイラストブログ

雑多な日記+所感+漫画イラスト。BL・腐・同性愛表現多数につき閲覧注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わるだくみ



三河屋さんっていい男だから、本気で懸想してくる美少年タマネギも少なからずいるんだろーな。
誰にでも優しい三河屋さんが彼らに親切にしてるところを殿下が見ちゃって、誤解が生まれて
修羅場になったら楽しいなー。
前も似たような事書いたような気がするけど、そこでの殿下の態度が悩みどころ。
素直に嫉妬をぶつけるか、プライドが邪魔して何も言えないか。
そして様子のおかしい殿下に三河屋さんはどう対応するか。
どう転んでもおいしい。

先日実写版シンデレラ見てきたのでこういう妄想がふくらみました。
私は継母役をやったケイト・ブランシェット様が大好きなんです。見た目が。
強欲で策士な継母は、キツネのようにきりりとしたブランシェット様のお顔と相俟って
殿下にしか見えんかった……
殿下は意地悪な継母、可愛いタマネギはシンデレラ。
そうやってヒロイン的立場としては世間一般と逆を行くところも殿下の魅力だと思う。


閲覧・拍手、いつも本当にありがとうございます!!!!!!

05/25 きゃんでぃ様
おコメントをありがとうございます!マットファンでいらっしゃるんですね(≧∇≦)
ああ、数年早くお会いしたかったです……!!!!ファン歴は長くていらしゃるんでしょうか!
デスノは実写ドラマも始まりますし、もちろんマットは出ないだろうけど(泣)
新たに原作を読んでマットを知ってファンになる人もまた出るはずと期待せずにはいられません。
どうもありがとうございました~!
スポンサーサイト

初夏



「今度はマイヘルメット用意してきてくださいね。ケチってるんじゃないですよ殿下じゃあるまいし。
予備のヘルメット持ってると後ろに乗りたがる女の子達を断る理由がなくなってしまうんです。
中には持参しちゃうつわものもいるんですけどね。まあ、以前なら別に構わなかったんですけど、
今はもう一人しか乗せないって決めてるんで」

こんな三河屋さんは嫌かも知れない。

三パタラーとしては75巻が常に傍らにあるので、自然と「ぼったくり大使館」以外の話もよく目に入るようになります。
中でも「パタリロ娘」はパタリロがあまりに可愛いので、つい「ぼったくり~」の次に読みこんでしまいます。
なんだあの可愛い生物は!
三河屋さんを「そういう対象」として意識し始めたら、三河屋さんに対しても(あそこまで極端でなくとも)
あんな感じの態度になってしまってたら可愛いなー。
三河屋さんは気付いてるのか気付いてないのか。
でも三河屋さんは相手の態度とか、相手が自分をどう思ってるかとかいちいち気に病むような人じゃないだろうから、
自分がパタリロを大切にしたいと思ったら、パタリロがどう思ってようととことん大切にすると思います。漢です。



いつもお出で下さって、拍手やメッセージを賜りまして本当にありがとうございます!!!!!!

05/15 駿河屋紫様
こんにちは!!!!いつも本当にありがとうございます!ひとりカラオケはよく行かれるんですか!?
私も近いうちに絶対行こうと、歌う曲まで紙にリストアップしてるにもかかわらず、何故か踏ん切りがつかず
はや数か月が経とうとしております。駿河屋様はどんな曲を好んで歌われるのでしょうか!興味津津♪
わーー!まさかここで真メガテン話をさせて頂けるとは夢にも思いませんでした!
3が出てたって知らなかったんですよ。2の後、「if」というのが出て、何となく興味を失くしてしまったんです。
多分その後、「ペルソナ」というのが出て、メガテンシリーズが完全にメジャー化したんじゃないでしょうか。
3って面白そうですねー。主人公が人間じゃないんですね。
カテドラルは最終ダンジョンですもんね。私の場合、方向音痴ももちろんですが、とにかくバグの多いゲームで、
何度閉じ込められて涙のリセットボタンを押した事か………今思い出しても涙が。
さてさて!先日は無理なお願いをしてしまったにもかかわらず、素晴らしいプレゼント(と勝手に言わせて頂く)を
ほんっとうにありがとうございました!!!!!!!
ままままさかこんなステキな殿下と三河屋さんを拝む事ができるなんて……!!!!!
(ラシャーヌのおじ様は拝見できなかったのですが、ちゃんと検索で見ました!バンコランっぽい美形vvv)
殿下のまあ可愛らしい悩殺セーラー服ときたら!ショートパンツから覗くふとももとふとももの隙間に鼻血が出そうです…!
そして氷のようなクールビューティなお顔であるにもかかわらず、後ろ手に隠し持った指さし棒が
殿下のパーソナリティをしっかり表してますね!
そしてこれまたクールビューティな三河屋さん!こんな涼しげな目で一体何を見つめてるのかしら……v
良かったらまた描いてくださいーーーー!!!
今夜も駿河屋様の二人の絵を拝見しながら寝て、いい夢を見ようと思います。
本当にありがとうございました!!!!!


05/17 おせろ様
おおおおせろ様!ひえええ、あのおせろ様でいらっしゃいますか!おせろ様違いだったらどうしよう。
このような所にお出で頂き、まさかおコメントを頂戴できるなんて、これは夢かまぼろしか。
こちらの方こそ、自分でも気持ち悪いほど何度もサイトに伺ってはすべての文章を暗記するほど読み込んで
萌えに萌えさせて頂いてます。いや、もうどの小説も凄すぎて、萌えとかそんなレベルじゃない……!
素晴らしい作品を本当にいつもありがとうございます!!!
殿下が騙された時の話からスカウトまでに、何かしら二人に接触がないと不自然であるという事実をおせろ様のお陰で
知ることができてからというもの、足りない頭でいろいろ考えるのですが、足りない画力と相俟って
なかなかこれというシチュエーションを捻り出す事が出来ませんでした。
それでも、考えてるだけで本当に楽しい!奇跡のような二人だと思います♪
誰に対しても傍若無人な殿下が、思わず手をぎゅってしてしまう唯一の相手が三河屋さん(特に10歳時は)
という意識でいつも妄想しております。
美少年殿下とはまた違う楽しみですよね。美女と野獣的な?
こんな楽しみを見つけられたのもおせろ様のお陰です。本当に幸せ!
ご覧の通りの拙い絵しか描けませんが、よろしければまたお出で下さると嬉しいです。
どうもありがとうございました!!

Special confidence



「また、会いにきてくれたの?」
「…………いや…………まあ……」
「嬉しいけど、タマネギさんたちが心配する前に帰るんだよ。大使館まで送ってあげるから」



少年時代の妄想。

少年時代の三河屋さんは襟足が短い。
青年三河屋さんは何となく襟足長いイメージがあったけど、よくよく観察してみたら長いのか短いのかよくわからない。
イギリス人やフランス人って、普通の人も不良の人も関係なくローティーンからタバコをバカスカ吸ってると
勝手に思い込んでるので持たせてみた。マリネラに来てからは吸ってない。はず。

プライベート時の三河屋さんはわりと神出鬼没で、住所を訪ねても会える事は滅多になさそう。(なイメージ)
探し疲れて、「一体何をやってるんだぼくは」と殿下が自嘲気味になった頃に、
突然うしろから「誰かお探しですか、殿下」と声をかけてきそう。(なイメージ)
もちろんまだタマネギ部隊へのスカウトなんて話は出てなくて、やっと知り合いくらいになった頃。
多くのパタリロの登場人物と同様、身分を知りつつパタリロ相手にはタメ口をきいてたりするんじゃないかなぁ。

あと今更な悩みなんだけど、三河屋さんのカラーリングってどうなってるんだ。
ネット上ではもはや共通項になっている、三河屋さんの軽やかなブラウンヘア。
マットの赤毛と同じで、似合いすぎて今更動かしがたい。たとえ後に公式でまったく違う色が採用されたとしても。
そしてあの御用聞き服。
カーキや紺色など、スモーキーで地味な作業服の色、というイメージしかわかない。
アナログ描きにとって、そういう微妙な色ほど塗りづらいものはないんですよねぇ。
重ね塗りで色を作らないとならないから。最初から微妙色を各種取り揃えてくれたらなぁ。
殿下の服やタマネギ部隊の服など、目に痛いくらいの鮮やかな色がどれほどありがたいか。
(別に誰に強制されてる訳でもないのに)


さてさて、動きの少ないブログですがいつも覗いて下さり、また拍手やありがたいメッセージをありがとうございます!!!


05/08 冬眠から~の方
ありがとうございます、目覚めました!!庭石をめくるとうじゃうじゃいるダンゴ虫の仲間でございます。
暖かいって素晴らしい!暖かいって素晴らしい!!(二回) 本気でマリネラに移住したいです・・・


05/08 駿河屋紫様
わああああ、またもご丁寧なおコメントを誠にありがとうございます!!!!!
ステキなお名前だとうっとりしていたら、まさかの中古ゲーム屋さんと潰れた和菓子屋さんが由来と伺い、
まるでパタリロの世界のような話だと思ってしまいました。
恵さん、私も思わず画像検索したんですが、「なるほどパタリロだ」と納得できる程のお姿が
なかなか見つからず・・・確かにぽっちゃりはしてるんですけどね(笑)

さて、駿河屋様に言われてわたくし反省いたしました。
「三河屋さんのエピソードが物足りない」なんて、おこがましいにも程がある!そんなに分かりやすい萌えが欲しければ
最初からBLを全面に押し出した商業誌でも読んでいればいいんですよね。
極めつけにさりげなく、萌えの押し付けのまったくない二人だからこそいいのに!
お陰さまで目が覚めました。これからもっともっと妄想を頑張ります(なんか違う)

デビルマン!また意外すぎるワードが出ましたね!キャスケットキャラいたんですね。主人公?
了君に萌えた記憶しか残ってなくて・・結構トラウマ漫画のひとつです(笑)
金子先生は、アナログで描いてらした時代の絵なら知ってます!真・女神転生の1と2はやり込みました。(聞いてない)
(スーパーファミコンの時代です…)って、キャスケットキャラいないやん!
そしてパタリロファンを名乗っておきながら、実はラシャーヌは未読というふがいなさなのです。
パパラシャーヌって何!?おじ様とは一体……!?気になって仕方ないですーーー!!!!!
パタリロほど集めるの難しくないだろうから読んでみたいとは思ってたんですが(泣)

そして駿河屋様は絵を描かれるのですか!?ぜひぜひ!是非ともパタリロ絵を恵んでくださりませ~~~~~!!!!!!
うっとうしいお返事を長々と申し訳ございません。ついついこうなってしまうんです、いつも…
また是非お出で頂けたら嬉しいです!ありがとうございました!!!

Inquiry



何のシーンなんだろうか…
うっかり風邪ひいちゃった三河屋さんのお見舞いに来た殿下という事にしよう。



「精鋭タマネギ部隊が風邪なんぞ引きおって。皆にしめしがつかんだろう」
「面目ございません」
「だから昨日はさっさと帰れとあれほど」
「しかし皆がどれほどお願いしても殿下がアルバイトをおやめになって下さらないから」
「茣蓙に座って空き缶を置いておくだけで小銭が稼げるんだぞ。こんなに楽なアルバイトはあるまい」
「申し上げたい事は多々ありますが何より効率が悪すぎます」
「そんな事は分かっている。あれは趣味でもあるのだ。お前が付き合う事などなかったんだぞ。
ぼくだからこそあの寒空の下で何時間も座っていられるのだ」
「殿下にお仕えしているせいで、つい自分がまともな人間だという事を失念しておりました。
…なので、殿下がまだあれをなさるなら、私は今度は順当に肺炎になるでしょうね」
「……貴様……」
「ところで。寒空の下何時間も座っていられる殿下なら、“風邪がうつるからもう帰る”なんておっしゃいませんね?」
「なんだと?」
「いえ、決して額に濡れタオルを当てて欲しいとかリンゴを剥いて欲しいとかそんな無礼極まる事を
希望しているわけではないんです。殿下に人を看病した経験があるとは思えませんし」
「お前、そのセリフ自体が無礼だぞ………だがいいだろう。責任の一端がまったくないとは言えまい。
ぼく直々に看病してやる。まずは何をすればいい?」
「そうですね……病人の症状を客観的に知る事からですね」
「熱を計る、とか?」
「よくご存じで。そう……手を、ここにこうして。」
「うむ。こうか」
「…もっと近付かないと熱なんてわかりませんよ」
「もっとか」
「ええ……もっとです」






いつもお出で下さりありがとうございます!
拍手やメッセージを賜り本当にわたくしめは幸せ者でございます!!!

05/01 駿河屋 紫様
初めまして、ようこそお出で下さいました!この度はおコメントをありがとうございます。
まずその素敵なお名前にときめきました!
パタリロ好きとしては越後屋・三河屋・駿河屋といった名前に過敏に反応しない訳にいきますまい。
検索でいらして下さったのですね。当初の目的と全然関係ない所だというのに何とありがたい事でしょうか。
(昔の恵というのはもしやまいう~の方の相方さんの…!?)
さて、75巻は入手なされたのでしょうか!?
殿下と三河屋さんの馴れ初め話だというのに何ともあっさりというか、ミーちゃんもうちょっと何か!
何とかならなかったの!?と、三パタを初めて知った時の感激も忘れて、すっかり贅沢になってしまっている自分がおります。
三河屋さんとチーフアシのジュンさん……なんと………これを結びつけられるなんて………
駿河屋様の深い洞察力・観察力、ひらめき力に感嘆せずにはおれませぬ!
そっかー、ああいうタイプは人たらしなんですね!キャーーーー!
キャスケットは確かにそれだけでキュートだし、ましてや三河屋さんみたいな人が被ってるというのが
もうお互いに相乗効果でカッコ可愛いというか何というか!
これで帽子というものがもっと描きやすいものだったらな~…トホホ、という情けなさでございます。
興奮で支離滅裂になってしまいましたが、この度は本当にありがとうございました。
また気まぐれにでもお立ち寄り頂けたら幸いです!

Top

HOME

ダリア

Author:ダリア
この歳まで腐女子やってるとは夢にも思わなかった。

何よりもミッフィーが大好きです。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。