お腐れ様二次創作アナログイラストブログ

雑多な日記+所感+漫画イラスト。BL・腐・同性愛表現多数につき閲覧注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叫びたい。ドラァッッ



興奮のあまりジョジョのカテゴリ作っちゃった……
突然すみません。
だって4部一番好きなんすよ…
仗助くんにメロメロなんです。
ここ数年で一番興奮した出来事ですよ本当に。いても立ってもいられない!
思えば、4部のジャンプ掲載時は、スラムダンクとか幽遊白書といったスター漫画が絶賛連載中で、
私もそっちに夢中だったので、ジョジョはマニアックな人向けだと思ってすっ飛ばしてましたね~。
由花子さんエピソードだけはあまりの衝撃にすごく記憶に残ってますけどね。
自分でも一番びっくりなのは、仗助くんの髪型についてです。
「たとえどんなに性格がツボであっても、この髪型である限りこのキャラにハマる事は絶対ない」と
長年確信していたのですが、3部からの流れできちんと読み直してみたら、見事に沼に沈みましたw
こんなに可愛い生き物知らんがな。
以来ファミレス行ってもどこ行っても、外食時は主にハンバーグを食しております。

関係ないんですが、私クイーンの大ファンなんで、曲名やアルバム名が、敵役のスタンド名や技の名前に使われるのが
ちょっぴり切ない。
メイド・イン・ヘブンあたりになるとそうでもないけど、キラー・クイーンとかのあたりはゴシックを地で行ってて
いかにも悪に相応しい感じだから当然というか仕方ないんですけどね。


久しぶりの更新がジョジョで失礼いたしました。
いつもおいで頂き、拍手など頂戴いたしまして本当にありがとうございます!
わあ、たくさん拍手頂いてる……!!!!!このようなつたないブログですが、少しでもお気に召して頂けたら嬉しいですーー!!!!!
スポンサーサイト

秋ですね



そろそろちゃんとバンコランの練習に入りたいと思っていたのですが、
その前にやりたい事がいくつか重なってしまったので、またしばらくパタリロ更新が途切れます。
描くのが遅くていやだなー。バンコラン祭りしたいよー。
マライヒには悪いけど、パタちゃんと三河屋さんとバンコランの三角関係の可能性を探りたい。


わー、わー、拍手やメッセージを頂いて、誠にありがとうございます!!!!!

09/12 poll様
きゃああああ!poll様!ありがとうございますありがとうございます!!!!
いえいえいえ、どちらからメッセージを賜ってもこの上ない喜びでございます!
迷わせてしまって申し訳ございません……もうもう、poll様にいらして頂いたという事実だけで昇天しそうです!
ですよねですよね!私の時代にもまだ三河屋なんて大人の隠れ家的お店なかったです!
きっとTV・雑誌の取材など一切お断りだったんでしょうね……
私めもpoll様と同じで、自分の学生時代には年季の入った古校舎だったのが、20年ぶりに来てみたら
花男の世界に変わってたというような気分で三パタを満喫しております。
(それにしてもpoll様のおコメント内の、ものの喩えがいちいち面白すぎます!なんというセンス)
確かに、個性という言葉は魔夜先生の為にあると思ってしまうくらい、キャラも何もかもが立ってますからねぇ。
pixiv内でパタリロで検索をかけたとき、パロ作品の多さが群を抜いているのは、キャラが立ち過ぎてるからこそとも言えますよね。
ぱっと見何だか分からない個性の薄い元ネタだと、パロディする甲斐がないですもの。
それにしてもアルスラーンのとっても正直なレビューをありがとうございますうううう!!!!(笑)
そっかぁ……主従萌えに尽きる作品なのですね。「戦記」というくらいだから、三国志など実際の世界史のように
様々な国々を巻き込んだ大戦国絵巻なのかと思っておりました…シリーズ5作目数えてるくらいの。
そもそも小説なのか漫画なのかアニメなのかも知らない状態なので、ウィキペディアとかで勉強して参ります。
ちょっとまた更新が鈍りますが、パタリロはこれから細々とでもずっと描いていきたいジャンルなので、
またお気が向かれた時にでもお立ち寄り頂けたら幸いです!^^
もったいないお言葉をたくさん頂戴し、恐縮と嬉しさに思い出したように奇声を発している日々でございます。
本当にありがとうございます!!!
poll様の作品も、もちろんパタリロに限らずお待ちしております~~~vvv


09/28 M子様
初めまして!この度はこのような辺境にお運び下さり、ありがたいお言葉を賜り誠にありがとうございます!!!!!
パタリロを再読されて三パタに出会われたとのこと!
再読に至った経緯というのは何だったのでございましょうか!?
私も昔はパタリロは純粋にストーリーやギャグの面白さで読んでいたのですが、三パタに出会って
新たに萌えという目線が加わって、ますます離れられない漫画になってしまいました。
(私にとってバンコランとマライヒは萌えではなくて、主人公の近所に住んでるご夫婦というような位置付けなので…)
少し更新が滞りますが、また思い出された時にでもふらっとお立ち寄り頂けたら本当に嬉しいです^^
どうもありがとうございました!

Top

HOME

ダリア

Author:ダリア
この歳まで腐女子やってるとは夢にも思わなかった。

何よりもミッフィーが大好きです。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。